読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAM(HTLV-1)とチャーグの難病親子

HTLV-1関連脊髄症(HAM)と好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(チャーグ・ストラウス症候群)の親子が、難病対策や支援情報について発信するサイトです。

難病医療費助成制度の対象疾病が、2015年1月1日から306疾患に拡大されました。

平成27年1月1日から新たな医療費助成制度

平成27年1月1日から指定難病にかかっている方に対する新たな医療費助成制度が始まりました。 

新たな難病医療費助成制度について - 福岡県庁ホームページ

 

指定難病に認定されると医療費が2割負担になります。

 

申請書類の提出先は保健所で、原則として保健所が申請書類を受理した日から適応されますので、早目に手続きを行いましょう。

 

f:id:muramoto1041:20150620150612j:plain

このことは、前に聞いていましたがネットで調べても自分にはあまり助成にはならないと理解して、放置していました。ところが、今日病院に行って説明を聞いてみると「医療費が2割負担」になることを知りました。 

 

f:id:muramoto1041:20150620152239j:plain

 

もっと積極的に、助成制度を利用しないといけないとつくづく感じています。

私は、福岡県に在住していますが、申請に必要な書類や申請方法は、下記を参考にしてください。

 

対象疾病 

難病法に基づく医療費助成対象疾病は、平成27年1月1日からこれまでの56疾病から110疾病となり、平成27年7月1日から306疾病に拡大されます。指定難病は次の一覧のとおりです。

指定難病一覧 [PDFファイル/240KB] 
※出典:福岡県ホームページ

 

私たち親子の「HTL-V1脊髄関連症」も「好酸球性多発血管炎性肉芽腫症」 も、この度、難病医療費助成制度の対象疾患に追加されました。

 

▼福岡市の場合は、下記のリンクから必要な資料をダウンロードすることができます。

福岡市 新たな難病医療費助成制度について

申請に必要なもの

1.特定医療費(指定難病)支給認定申請書(ダウンロード) 

2.同意書(ダウンロード)

3.臨床調査個人票(診断書)(お医者さんが作成します)

4.医療保険

5.市町村発行の所得課税証明書

6.住民票の写し(世帯全員・続柄記載あり)

7.印鑑

 

指定医療機関一覧表(福岡県) 

難病の患者に対する医療等に関する法律に伴う指定医療機関及び指定医の指定状況について - 福岡県庁ホームページ