読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAM(HTLV-1)とチャーグの難病親子

HTLV-1関連脊髄症(HAM)と好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(チャーグ・ストラウス症候群)の親子が、難病対策や支援情報について発信するサイトです。

無動力の歩行支援ロボット、歩けない人が歩けるようになる。アクシブ (ACSIVE)

歩行の筋力が衰えて、歩けない人に朗報のロボットが発表されました。まだまだ研究段階だったロボットが、ついに製品化されました。

 

その価格も、私たちも購入できるぐらいの価格です。

 

動力を使わないバネの力で歩行を支援するロボット!

f:id:muramoto1041:20151114185022p:plain

佐野明人教授の『受動歩行』理論

名古屋工業大学の佐野明人教授と今仙技術研究所の共同開発で進められてきました。

 

 

その研究が、とうとう製品化されました。本当にすばらしいことです。

 

このマシンが、私たちの病気HTLV-1関連脊髄症(HAM)に有効かどうかはまだわかりません。しかし、動力を必要としないバネの力で歩行運動を支援してくれるこのマシンは、本当に希望を感じます。

 

アクシブ(ACSIVE)

改良を重ねて、さらに軽量化されました。

f:id:muramoto1041:20151114184336p:plain

 

重さも両足用で1,050g、片足用で550gと軽量です。

f:id:muramoto1041:20151114183413p:plain

 

 アクシブ(ACSIVE)の装着の仕方
お問い合わせは、こちら 

www.nambu-y.jp